支える会PRESS

写真

農林水産省が中心となって進めている「FOOD ACTION NIPPON アワード2009」において、「大豆100粒運動」が優秀賞を受賞しました。これは、農水省が食料自給率向上を目的に、2008年10月からさまざまな活動を展開しているもので、その一環として昨年から事業者や団体などの活動を表彰することになったものです。「プロダクト」「製造・流通・システム」などの4つのカテゴリーに全国から1204件の応募があり、45件が受賞しました。
「支える会」は「コミュニケーション・啓発部門」で、テレビ神奈川、信越放送と連名で優秀賞を受賞しました。

写真
赤松農政大臣も出席

 1月15日には、東京都品川区の「ザ・グランドホール品川」で表彰式・記者発表が行われ、辰巳会長、澤副会長、山下代表幹事、矢板事務局長が出席、tvk、SBCと共に表彰されました。
「大豆100粒運動」が活動を開始しで早6年。この間多くの小学生が大豆を栽培してくれました。この子どもたちの活動が、今回の受賞につながったもので、参加した子どもたちはもちろん、活動を支えていただいた会員の皆様、多くの皆様に改めて感謝申し上げます。

詳しくはこちら

http://syokuryo.jp/mogumaga/2010/01/awardsp1.html

<< 前へ    Index    次へ >>